不動産選びは、エージェント選び

愛猫と暮らす初めての住宅購入

売買
物件事例
長年住み続けた場所で、3度目の賃貸の立退……。今度の暮らしは誰か(オーナー)の都合に左右されない暮らしを選びたい!
親子3人での慎ましい暮らし、親子の収入合算で住宅ローンもクリアした事例をご紹介します。
所在地 日野市 種別 新築戸建 専有面積 87.98
家族構成 本人・母親・妹・猫 これまでの住まい 同市内の賃貸アパート 購入のきっかけ アパートの立退

また大家さんの都合で立退に……

日野市の借家にお住まいのI様。今回、大家さんから老朽化に伴い取り壊しをすることになったそうです。
急に立退を迫られたI様ですが、実は今までの賃貸でも2回も大家さんの都合で立退きを経験されていました。

もう誰かの都合で自分たちの暮らしを変えなければならないというストレスに悩まされたくない、とI様のお気持ちをお聞きしました。これまでも住宅購入を考えたこともあったそうですが、なかなか踏み切れなかったそう。
もちろんこのまま賃貸暮らしでもいいけれど、猫を飼育できる賃貸住宅はこのエリアには少なく、家賃も今までよりも随分と高くなってしまう。

せっかく住居費を払うのならば、資産になり猫の飼育についてだれかに文句を言われることもなく、好きに愛猫のために室内を加工できる持ち家が、I様にとってハッピーな住環境になるはずと住宅購入をおすすめしました。

年金の収入だけれど、家を購入することはできるの?

I様は、お母様と息子さん、娘さんの大人3人と愛猫の家族構成です。
息子さんも娘さんも就職されており、収入はあるのですが、お母様も遺族年金受給をされており、これまでの家賃支払いなどはお母様の年金分から支払いをされていたそう。生活全体は3人の収入で協力して生計を立てていらっしゃっいました。
今回の引っ越し・住まい探しでは、息子さんが世帯の代表として住宅ローンを借りることにされました。
これからのことを考えると年齢的に、お母様がメインというよりも息子さんが世帯主として考えていく、ということで息子さんも決意してくれました。

 

息子さんの収入だけでは希望の購入金額にとどかない

しかしながら、息子さんの昨年の年収だけだと希望の物件の価格には届かない、という問題が発生しました。そこで、お母さんの遺族年金の収入を合算し、希望の金額を借りることができました。この時、親子ローンということではなく、お母様には所有権の持分を持たない形にし、連帯債務者での設定としました。

 

自己資金が用意できない…頑張って50万円

購入物件を色々と探し始めたI様ご家族。私からの物件情報だけでなく、ポータルサイトでも情報を見て、希望の内容を確認する作業を進めていきました。住宅ローンで諸費用も借り入れることにしていたので、借入可能金額に近い新築戸建住宅をまずは内見してみることにしていました。

しかし、なかなかI様から内見したいというお言葉が出てきません。

むしろ、予算金額をもっと下げて中古物件を中心に探して欲しい、ということでした。
お母様の収入合算を気にされているのかなと思いお話を聞くと、契約時に払う手付金がそんなに用意できそうにない、ということ。頑張って50万円なのだと、話してくれました。

手付金は確かに契約時にまずは用意をしてもらわなければならないお金です。
住宅ローンで諸費用も借入をするため、決済時には手元に戻ってくる感じになりますが、契約時に一時的に支出しなければならないため、その資金が用意できない、ということでした。

自己資金(貯金)がないからこそ、新築戸建に!

手付金のことを気にして中古物件で探そうと思っていたI様。
しかし、この状況だからこそ新築建売物件をお薦めしました。建売物件ということは、建売業者が売主であるからこそ、手付金などの条件交渉がしやすいのです。
中古物件の多くは個人の売主様が多く、売主様のご要望やご事情もあるためこういった条件交渉は難しいのです。
それとは反対に業者が売主の場合、早く売却したい、という業者の事情も考えられるため、交渉しやすいのです。

駅距離は若干遠くなるけど、周辺環境が良くなる物件

手付金の心配がなくなったI様は、早速紹介させてもらった物件の内見をすることに。
これまでの生活圏をあまり変えたくないというお母様の希望を細かくお聞きすると、いつも使っているスーパーやビュインなどを変えたくない、という要望が強い。娘(妹)さんは最寄駅を変えず、自分の部屋ができることが一番楽しみ、という希望。

今回ご紹介し内見した物件は2つ。私が一番おすすめした物件は、4LDK物件。3人の要望を叶えられる、しかもお母様がいつもいくスーパーが現在よりも近くなる、娘さんの職場も駅を使わず自転車で通えるようになるかもしれない、という立地に申し分がない物件でした。

もう1つの物件は、立地に大きなメリットはないけれど、購入金額がお手頃なのに設備機器が充実しており各部屋も広い3LDKの物件。2つを比較して考えてもらい、3人の暮らしにとって何が大事なのか、を考えてもらいました。

 

なぜ購入することにしたのかを改めて考えて、物件決定!

内見後、それぞれの物件の良かったところや、暮らしのイメージを考えてもらいました。
2つ目の物件は、スーパーが遠くなってしまう、駅からの帰り道も暗い部分が多いかも、と一緒に駅まで歩いて戻った時にお母様と娘さんから感想があり、家の設備やデザインは好きでいいけれど、毎日のことを考えると、、、

室内のデザインや設備は、変更ができるけれど、立地は帰ることは簡単にできない。

それは立退を何回も経験され、引っ越しの大変さを実感しているI様ご家族はこのことをよくご存知です。

愛猫のために室内を変更することもできる、将来リフォームをして設備を変えることもできる。購入することのメリットをもう一度お話して、なぜ物件を購入することを決意したのか、を3人で考えていただき、1つ目の物件を購入することで決意いただきました。

 

借家から新築戸建で快適さが格段にUP!

無事に物件の購入ができたI様ご家族。先日お引っ越しも無事に終わり、ご連絡をいただきました。

今まで古い借家だったこともあり、新築の戸建住宅は暖かいし、お風呂も綺麗で、何もかもが快適です!猫も最初はうろうろしていたけれど、なんだか”のびのび”しているように感じます。と喜んでいらっしゃいました!

今回、立退というネガティブな理由での検討からでしたが、きっとI様達のよい転機となったのではないかと思います。
これからもご家族皆様で愛猫と快適に暮らしていただきたいなと思います。

I様、この度はありがとうございました。

 

久保有美Yumi KUBO

得意エリア: 東京都・多摩市・滋賀県・京都府
興味・関心: コミュニティ・豊かさ・協働する・つながり・シェア
・京都市右京区出身
・東京都多摩市在住
【所有資格】社会福祉士・賃貸不動産経営管理士・福祉住環境コーディネーター2級
お問い合わせ